スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「シティ」がマズいわけ




英会話のクラスを参観していていつも気になることがあります。特に自己紹介するとき。ごく基本的な単語の発音です。

"I'm from Gifu city" などのように出身地の「市」を言うときの"city"を<シティ>と発音する人が少なくないです。日本語で普通「シティ」と表記するからなのでしょうが、考えてみると、これは英語を話すときには結構マズいです。

「city」 の発音は[sɪ́ti] で、わかりやすく片仮名化すると<スィティ>です。

発音記号の [s] の後に [i] の音がくると、<シ>ではなく<スィ>になります。発音記号[ʃi] ならば<シ>でOKです。

【例】 she [ʃi]

<シティ>と発音すると別の単語 shitty [ʃɪ́ti] になってしまいます。「shitty」 とは「ひどい」とか「くだらない」という意味です。「そんな単語知らない」という人も、(あまり人前で使えない)「shit(大便)」 の末尾に -ty が付いて形容詞になった言葉だと言えば、納得かもしれません。考えてみると、日本の市町村名、それからシティ・マラソンとかシティ・ホテルとか、市営バスを「シティ・バス」という場合も全部、日本式英語発音だとマズいわけなんですよね。いや、ほんとうにマズいと思うんですが。どうなんでしょう?

<スィ>という発音がきちんとできるようになるためには以下のようなステップで取り組むと良いでしょう。

① si とʃiの音の違いを注意深く聞く
この2つの音を区別して発音できない人は、聞く時点で区別できていないはずです。まずは音を区別できるように、英語の音声を注意深く聴き取る練習を繰り返して下さい。

②練習する
si の発音記号の語は<スィ>と発音するよう心がけ練習して下さい。言えない人は、「スイスイスイ・・・」と何 度も繰り返しながら徐々に速度を上げ「スィスィスィ」と言えるようにしてゆきます。これらの音を区別しようという心がけしだいです。



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:Tadster
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2プロフ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。