FC2ブログ

ありえない!佳子さまにブーイング

FullSizeRender.jpg

週刊ポストの表紙の見出し。
「留学先のイギリスで佳子さまにブーイングだって? これが本当なら大変だ!

でも、記事を読んでみると、案の定って、感じです。

さっくり要点だけいうと、<佳子さまの留学に関しては現地イギリスのメディアも大々的に報道しているが、歓迎一色というわけではない>とのことで、現地The Independent 紙のサイト記事への読者コメント欄には、こんな意見が書き込まれていたとか。

(ここからは週刊ポスト記事をそのまま引用)
「ジャップは我々の雇用だけではなく、学生たちの席まで奪うつもりか」
「ロイヤルファミリーなのにヨークシャー・アクセントの英語を勉強したいとは驚きだ」

これらの批判意見をこの記事では「日本では大人気のプリンセスへの思わぬ大ブーイング」と呼んでいます。

しかしブーイングというのは「Boo!」と言ってやじられることを言います。単なる批判意見とかひんしゅくを買っていることをブーイングとは言いません。

言葉の使い方を突っつくと、これ「誤報」と言われても仕方ないかも、って感じです。「ブーイング」の語義や使い方を大部分の日本人が受け入れてしまっているので、問題にならないのも問題ですが。

本当のブーイングとは何か? こんな風に Boo(動詞)されることなんです。







コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Tadster

Author:Tadster
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2プロフ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR