「ハロー」では後光は差さない

会社の人事考課などの講義を受けてると、「ハロー効果」というのを聞きますよね。でもこれは「こんにちわと挨拶することの効果」ではありません。

先日も「企業での国際人材の上司の評価」という内容で、大学教授の講義を聞く機会がありました。その中でも、このハロー効果という言葉が出てきました。

さすが学者らしく、オリジナルの英語をホワイトボードに書いて説明してくれました。
教授は「こんにちわのhello ではなくて、英語では・・・ 」と halo effect と書きました。「英語では、ハロー・エフェクト と言います。halo は後光、仏様の頭の後ろに丸く広がっているの、あれですよ」

そう、halo は、「後光が差す」の「後光」の意味です。でも、うーん。L の正しい発音とか仕方ないので横に置いておいたとしても、まだこれでは英語として正しくないんです。

hallo の発音記号は、héɪloʊ】。あえてわかりやすくカナカナ表意するなら、<ヘイロウ>です。

発音記号 ヘイロウ  Lの発音は難しいですが、カタカナ表記でも、もう少し原音に近づけられますよねえ?

ビヨンセの歌に、「hallo 」というのがあります。hello. とhallo では発音が全く違うことがお分かりいただけるでしょう。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:Tadster
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2プロフ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR