FC2ブログ

「シャルリ・エブド」は「R」病

イスラム教の予言者を風刺したとして襲撃を受けたフランスの新聞社「 シャルリ・エブド」。さて、事件に深く立ち入る前に、新聞社名の発音をちょっと気にしてみましょう。

フランス語ではありますが、Charlie hebdo と綴ります。cha と lie の間に「r」があるので、<シャルリ>と日本ではカタカナ化しているようです。これって実際のフランス語を忠実にカタカナに置き換えているのでしょうか?

フランスの r の音は「があ〜」っといったうがいをするような感じの音、といわれますが、それを「ル」という音に置き換えて果たして良いものでしょうか?  <ル>というなら Rのあとに<ウ>という母音がないといけませんが、この場合、r の次は子音の l(エル)ですね。日本人は子音の次にかならず母音を持ってきて発音する習性があります。r 音を全て日本語の「らりるれろ」の置き換えるのは外国語に関しては悪い癖といえます。僕はこれを「R」病と呼んでます。

英語のディスカッションなどで Charlie hebdoと言いたいなら発音的には<シャーリー・エブド>になります。(charlie は英語だとチャーリー)もちろん L音は別途しっかり発音する必要がありますが、あえてカタカナ化するならそうなるはずです。

では実際、フランス人は どのように発音しているのか?
フランス語のネイティブスピーカーが、Google translate の読み上げ音声がほぼそれに当たる、という書き込みを見つけました。さっそく試してみましょう。
*Google Translateのスピーカー印を押すと音声が出ます。

Charlie Hebdoのフランス語発音

うーん、やっぱりcharlie は<シャーリー>に聞こえますね。

ニュースビデオ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Tadster

Author:Tadster
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2プロフ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR