FC2ブログ

大切な「受動態(受け身)」

5.受動態(受け身)

カタカナ語を使える英語に変換する際には、受動態(〜される)と能動態(〜をする)の見極めと使いこなしが必要です。

例えば、make (作る)という動詞は以下のように変化します。

現在形  過去形  過去分詞
make   made   made

過去分詞というのは、完了・受け身を表すための変化形です。
「be 動詞+過去分詞」で受動態になります。

This company makes many kinds of products.   <能動態>
(この会社は多くの種類の製品を作っています)
Many kinds of products are made by this company. <受動態>
(このモデルは、台湾で作られている)

 製品などの製造地を表す「メイド・イン・ジャパン」などのmade も「~が○○で作られた」という受け身を表す受動態にするため、make(作る)という動詞が過去分詞madeになって表されているものです。


鶏の唐揚げ・フライドチキンという言葉を解剖してみましょう。fry (フライ)というのは、「油で揚げる・炒める」という意味の動詞です。揚げるのか炒めるのかはっきり区別するため、揚げることを「deep-fry」ということもあります。

チキン(鶏肉)は、調理され揚げられる対象ですので、fryを過去分詞の fried に変化させます。 ちなみに -edを付ける際、動詞の末尾がyの時は、yをiに変えてから-ed を付けるというのは中学校で習いましたよね。

さて、この原理を頭にいれて、例えばスーパーマーケットになんかに行くと、間違った英語(カタカナ語)がたくさん見つかることと思います。

<スモークサーモン>
サーモンはスモークされる対象なので、smoke (燻す・燻製にする)を、smoked (いぶした・燻製にした)にしないといけません。ついでに言うと、発音は、[smóukt sǽmən]なので<スモークド>ではなく<スモウクト・サモン>となります。

<ボイルイカ>
これもイカはボイルされる対象なので boil(ゆでる)を、boiled (ゆでられた)にする必要があります。まあ、イカだけ日本語のままっていうのも変ですから英語にしたほうがいいでしょう。イカはsquid なので、boiled squid <ボイルド・スクウィッド>になります。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Tadster

Author:Tadster
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2プロフ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR