FC2ブログ

「ギョウザ」は世界に通用するか?

あまり良いニュースではありませんが、先日「餃子の王将」の社長が殺害されたニュースは海外にも報道されました。下のリンク先の記事を数日前ちょうど読んだのですが、そのとき”餃子”という言葉について改めて考えました。

The Wall Street Journal Japan の記事:
http://blogs.wsj.com/japanrealtime/2013/12/19/ohsho-dumpling-king-dead-after-suspected-shooting/

外国人でも日本に住んでいる人や日本通の人なら「餃子(gyoza)」という言葉を知っているかもしれませんが、普通小麦粉を伸ばして作った皮で肉などを包む料理を英語ではdumpling <ダン(ム)プリン(ぐ)>と言います。

「餃子」を「ギョウザ」というと中国語の発音のようですが、実は中国語では全然別の読み方をします。北京語の発音では「ジャオズ、チャオズ(ピン音:jiǎozi)」だそうです。・・・Wikipedia より

中国の餃子は、もっと種類が豊富みたいですね。

英会話で、中華料理の名称なら世界で通用すると思って「gyoza」と言っても通用しなさそうです。この機会に「dumpling」という言葉を知らなかった人は覚えて使うことにしましょう。

今回の不幸な事件がありましたが、「餃子の王将」も海外に進出しているので、日本風の「ギョウザ」の知名度もどんどん上がってくる可能性はあります。

直接カタカナ英語というわけではありませんが、日本でしか通用しない言い方の例として取り上げてみました。

【Dumplingの作り方】

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Tadster

Author:Tadster
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2プロフ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR