益々増えるカタカナ語(文化庁調査結果)

文化庁の平成27年度「国語に関する世論調査」によると、日本語の中でのカタカナ語の使用頻度がますます高まっているそうです。
(産経新聞記事・画像参考)

国語調査

例えば、く「リベンジ」を使う人の数が「雪辱」の三倍にも上るとか。「運動選手」ではなく「アスリート」。「競技場」ではなく「スタジアム」を使うなど、会話やメールの中にカタカタ英語が普通に使われるようになっているとのこと。

実際、自分自身や日々の生活、テレビ・印刷物を見渡しても、確かにそんな感じですよね。

カタカナ語の氾濫自体は、時代の流れもあり、それはそれで良いと思いますし、英語学習の面でも、それだけ親しみの有る単語が増えるわけなので、お得といえばお得です。

ただ、英語を話す日本人にとっては、発音に注意が必要なのも確か。

アスリート athleteの発音・アクセントは発音記号で表すと [ǽθliːt]なので、<エ>と<ア>の中間音で、アクセントをこの<エァ>に置いて発音する必要がありますし、θ も有りますので、できるだけ近い音で発音できることが望ましいです。θが無理でも、せめてアクセントの位置を間違えないようにしましょう。

スタジアム stadiumは発音が [stéidiəm]なので、かなり違って聞こえてしまうでしょう。英会話の中では、せめて ステイディアム>(太字にアクセント)と、カタカナで表現出来る程度に正しい発音を心がけましょう。



プロフィール

Author:Tadster
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2プロフ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR