スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CLOSE では閉まっていない

こんな表示をよく見かけませんか?

IMG_5953.jpg


きっと「このレジは今、閉鎖中です」ということが言いたいのでしょう。よく喫茶店やレストラン、その他お店などで「閉店中」「閉まってます」という意味でこの表示を掲げているのをよく見ます。

しかし本当の英語だと、close では、「接近した/近い」という意味にしか読めません。
その場合の発音は[kloʊs] なのでカタカナで敢えて表記するなら<クロウス>です。

「閉める」という意味の動詞だと同じスペリング close で、発音は[kloʊz] カタカナ表記<クロウズ>になります。
使い方はこんな感じです。

The door closes. (ドアが閉まります)

The door is close. とすると、意味は「ドアは近い」という意味になります。

では「ドアが閉まっている」と言いたい場合は?

The door is closed.

この場合のclosed の発音は[kloʊzd]なので、<クロウズドゥ>と覚えておいてもいいでしょう。
形容詞で「閉じた」「閉鎖した」「閉店して」という意味になります。
(be closed で「閉められる」という受動態(受け身)であると理解すると納得いくかもしれません)

ですから本当は、このマクドナルドのレジの表示はもちろん、お店が「閉店中」という意味で出す看板は、closed でないといけないわけです。

close というカタカナでもよく使われる基本単語の使い方についてのお話しでした。
スポンサーサイト

自発的に何かする人がボランティア

volunteer [vɑ̀ləntíə(r)]のアクセントの位置は、 ヴォランティア の<ティ>にあるので注意。

自ら進んで何かをする人が volunteer。 動詞でも「自発的に行う、奉仕活動をする」の意味で使う。
派生語 voluntary [vɑ̀ləntíər] というと、形容詞で「自発的な」「自由意志による」という意味。

ベースに基づいて

base [beɪs]は「基礎」「土台」の意味で日本語にも取り入れられている。発音は、<ベイス>

base は動詞だと次の例のように過去分詞形で形容詞的に「~に基づいている(on ~)」という意味になる。 

a movie based on a true story (実話をもとにした映画)

success の派生語はサクセスストーリーの始まり

[名] success(成功)― [動] succeed [səksíːd](成功する)
― [形] successful (成功した)

The result was successful.(その結果は成功だった)

他動詞だと「あとに続く、後を引き継ぐ」という意味になる。
He succeeded my job last month. (先月僕の仕事を引き継いだ)

引き継いだ後任者は、「successor」(後継者・相続人の意味も)

彼女にも会社にもプロポーズ

propose [prəpóʊz] プロポウズは 「提案する・申し込む」という意味の動詞で、例文のような「結婚を申し込む」でおなじみである。

We proposed the project. (私たちがそのプロジェクトを提案した)
名詞形は proposal [prəpóuzl] (プロポウズル) 

タイムリミットは「デッドライン」だ

「期限」の意味で「タイムリミット」は和製英語。英語では deadline [dédlàɪn]という。 limit は、名詞として「限度・限界・制限」、動詞として「限界を設ける、制限する」という意味。 
 
limited という形容詞になると「限られた/有限な」という意味。 
Time is limited. (時間は限られている)
Limited edition 限定版
電車の「特急」は、限定された駅に止まることから limited express と英語表記される。

「ステータス」はどうなってる?

status [stéitəs]

カタカナ表記するなら、<ステイタス>. 名詞で「地位・身分」「高い地位」という意味でカタカナ語としてすっかり定着している。

他に「状況、情勢」という意味がある。
BBC reported the status of the people in Sudan.
(BBCは、スーダンの人々の状況を伝えた)

参)status quo [名] 現状、そのままの状態。  <quo>は ラテン語が語源

ブラインドで目隠し

blind は、名詞で「(窓の)目隠し」や「ブラインド」のこと。 形容詞で「盲目の, 目の不自由な」という意味。

動詞として「目にする・目をくらませる」という意味でも使われる。

Driver says sun blinded him before crash with cyclists.
(運転手は、自転車の人と衝突する前、太陽で目がくらんだと話した)

ダイヤルを回せ

dialの発音は、 [dái(ə)l] なので、<ダイヤル> より <ダイアル> のほうが英語に近い。
名詞で、電話・ラジオなど機械や電気製品の「ダイヤル・調整つまみ」、時計の「文字盤」、計測器の「目盛盤」。
動詞で、電話の「ダイヤルを回す(今はボタンを押す)」という意味で使う。

海外で電話をかけると、こんなメッセージを聞くことになるかもしれない。

“The number you dialed is not a working number. Please check the number and dial again.”
(おかけになった番号は、使われておりません。もう一度番号を確かめてお掛け直しください)

正しく「リサイクル」しましょう

昨今の環境意識の高まりで何でも「リサイクル」する時代になってよく使われる言葉。 

recycle [rìːsáɪkl]は動詞で「再利用する」という意味。

「再生紙」を「リサイクルペーパー」と呼ぶことが多いが、正しい英語では、「recycled paper」のように末尾に -ed を付けるのを忘れないように。(紙はリサイクルされたものだから) 

名詞として使いたければ -ing を付けて recycling 。

recycle の末尾を -able にすると、「リサイクル可能な~」という意味の形容詞になる。

recyclable metal  再生利用可
プロフィール

Author:Tadster
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2プロフ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。