「バラエティ」

variety [vəráiəti] "「変化に富むこと」「多様性」という意味の名詞。

発音に注意。冒頭は bでなく v の音。あえてカタカナ化するなら<バラエティ>ではなく<ヴァライエティ>。発音記号をじっくり見直してみてください。ə の音はあいまい音なので、<エ>と<ア>の中間みたいな音です。

形容詞形は various [véəriəs]で「様々な」という意味。

The company offers a variety of products.
その会社は様々な製品を提供している。

動詞形 は、vary 「変わる、異なるものになる」。

おなじみの「バリエーション(variation)」は、この派生語です。

マナーが良い・悪いだけの話ではなくて・・・

行儀、態度」「礼儀作法」といった意味ではおなじみの「マナー」

英語では manner [mǽnər]

実は「方法、仕方」という意味もあって、次のように使うと表現の幅が広がると思います。

in a timely manner タイムリーに 時間通りに
in a realistic manner 現実的な方法で

プロ(Pro-)に頼むと「プロウ」になる

「プロフェッショナル」Professional [prəféʃ(ə)n(ə)l] という言葉を知らない人はいないでしょう。

形容詞として・・・
・職業の
・専門職の
・熟練した
・本職/玄人の

名詞として・・・
・玄人
・専門家
・プロの人(スポーツなど)

professional [prəféʃənl] "professional 「プロ(の)・専門家(の)」という意味の名詞・形容詞。 略して pro とも言いますが、発音は[próu] プロう。 

X プロ → ○ プロう 

アップルのノートパソコンでMacbook Pro というシリーズがありますが、<マックブック・プロ>ではなく、<マックブック・プロう>。下のビデオで、実際に「MacBook Pro」が読まれるところを聞いてみましょう。



続いて派生語です。

professionalism と末尾に -ism (イズム)が付くと「プロ意識」。 profession [prəféʃn]で「(専門的)職業」医者や弁護士のような「知的職業」という意味。

ちなみに、通常の広い意味での「職業」は、occupation [ɑ̀kjəpéiʃn]。

ルール(rule )で世界を「支配」

「規則」という意味の rule [rúːl] (ルール)。日本人なら誰でも知っていて発音も間違いないこの単語。(正確にはR音は要注意ですが)

でも動詞としても使いこなせてますか?

Someday he will rule the world.
(いつの日か、彼が世界を支配するだろう)

The judge ruled against ….
(裁判官は……に不利な判決を下した。)


iPhone 6 「予約」を英語にすると・・・

iPhone 6 と6Plusが発表され、さっそく新型を予約している方、検討中の方も多いのではないでしょうか?

さて、その「予約」ですが、そのまま英語にして

I reserved iPhone 6 yesterday.

でもいいのですが、もう一つ便利な言葉があります。

pre-order (訳すると「先行予約」)

I pre-ordered an iPhone 6 yesterday.


こういうのは、日頃から英語のサイトを見ると分ります。英語を学ぶ方なら、時々は英語のサイトものぞいたりするのをおすすめします。

Pre-order.png
プロフィール

Tadster

Author:Tadster
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2プロフ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR