アナウンスメントをアナウンスする

「場内/車内アナウンス」「政府からのアナウンス」などのように使われる「アナウンス」ですが、英語 announce [ənáuns]は「発表する、公示する」「放送で告げる」という意味の動詞です。

It was announced that Steve Jobs has passed away.
スティーブ・ジョブズが亡くなったと発表された。

「発表、公表」「知らせ」という名詞の意味で使いたいなら 語尾に -ment を付けて announcement (アナウンスメント)と言います。


make an announcement of (about)
~を発表する

in-flight announcement
機内放送

客室乗務員による放送なら「flight attendant announcement」、機長による放送なら「airline captain announcement」などといった言い方になります。




<注意>
このブログの説明に出てくるカタカナ表記は、あくまで発音の目安です。正しい発音は発音記号に従って、なるべく本来の標準的な英語の音に近づくようにするのが理想です。

「エンゲージリング」でいいの?(engage)

婚約指輪のことを「エンゲージリング」といいますが、 英語で「婚約指輪」を正しく言うと「engagement ring」と、 -ment をつけて名詞形にする必要があります。

engagement の発音記号は [engéiʤmənt] なので、<エンゲイジメント>。<ゲー>と伸ばさず<ゲイ>と強勢を置いて発音してください。

さて動詞 engage で「婚約している」を表すには以下のような例文になります。

She is engaged to my brother.
彼女は、僕の兄と婚約している。

engage は、「婚約」以外にも「仕事などで従事させる」という意味があります。

プレゼンテーションやスピーチを習うときのキーワードとしての engage は「(話に人を)引き込む」という意味があります。

engage the audience
観衆を引きつける

I am engaged in the project.
私はそのプロジェクトに携わっています。


engagement ring の発音確認用




<注意>
このブログの説明に出てくるカタカナ表記は、あくまで発音の目安です。正しい発音は発音記号に従って、なるべく本来の標準的な英語の音に近づくようにするのが理想です。

「スペース」の発音他

「〜を置くスペース」などのように「空間」とか「あき場所」の意味で使われる語ですが、発音に少し注意。

(誤)スペース → (正)スペイス


office space
オフィス空間

That table takes up too much space.
あのテーブルは場所を取りすぎだ。


「間・間隔」という意味もあり、画面に打ち込んだ文字の間隔、印刷するときの語と語の間等も space です。

Leave a space after the comma.
コンマの後にはスペースを入れなさい。

space between lines
行間


それから、<スペースシャトル>で知られているように、「宇宙」という意味もあります。

space travel
宇宙旅行

They spent more than 100 days in space.
彼らは100日以上も宇宙空間で過ごした。

「Space, the final fronteer. (宇宙ーそれは人類に残された最後の開拓地である)」で始まるスタートレックのTV版や映画の始まりの言葉を覚えている人もいるでしょう。





(英語力に余裕がある方用)
Space: the final frontier. These are the voyages of the starship Enterprise. Its five-year mission: to explore strange new worlds, to seek out new life and new civilizations, to boldly go where no man has gone before.


"boldly go where no ____ has gone before" というフレーズは、新聞などの見出しにもよく使われます。


<注意>
このブログの説明に出てくるカタカナ表記は、あくまで発音の目安です。正しい発音は発音記号に従って、なるべく本来の標準的な英語の音に近づくようにするのが理想です。

本当に「コントロール」できますか?

片仮名の「コントロール」は、何かを操作、制御・管理するとか、野球やサッカーなどでボールを思うところに投げたり蹴ったりする意味でよく使われていると思います。


英語の「control」は名詞としても動詞としても使われます。

発音は [kəntróul]なので、<コントロール>でなく<コントゥロウル>で、最後の<ロウ>を強く読むことに注意してください。

意味は基本的に「管理、操作、制御」という意味ですが、「統制、審査、規制」など幅広い日本語の意味を「control」という一言で表現しますので、使い方の例を知っておくと便利です。


1.支配・指揮・管理・統制(する)

【管理(する)】
The computer system controls the production line.
(コンピューターシステムが生産ラインを管理している

quality control (品質管理)

【支配する】
He controls 50% percent of the company.
(彼は会社の50%を握っている)


【(感情などを)制御する】
I must control myself.
自分を抑えなけければならない。

【統制する】
The government tried to control prices.
政府は物価を統制しようとした。

【制御】
remote control
遠隔操作(remote は「遠隔の」「遠く離れた」)

【出入国の)管理・審査】
passport control
入国審査(パスポート検査)


【拡大・増殖を)防ぐ】
pest control
害虫駆除

インテリア

日本語では「インテリア」という言葉は「室内装飾(品)」という意味で使われていますが、英語では建物の内部や室内自体のことを「interior(インテリア)」といいます。自動車の室内なども「インテリア」です。英語の「interior」にはもう少し幅広く「内部(の)、内側(の)」という意味があります。

interior of cylinder (シリンダーの内部)

「室内装飾」なら「interior decoration」と言うべきでしょう。

発音は[ɪntɪ́əriər/ɪntɪ́riər]<インティリア、または<インティァリア>という風になります。ストレス(強勢)は<ティ>に置いて読むと英語らしく聞こえます。


他に「国内の/内政の」という意味もあります。英字新聞の国際ニュースを読むと「interior minister」という語をみかけることがあるでしょう。「内務大臣」(警察、国内治安、移民問題を取り扱う省庁の大臣)という意味です。



<注意>
このブログの説明に出てくるカタカナ表記は、あくまで発音の目安です。正しい発音は発音記号に従って、なるべく本来の標準的な英語の音に近づくようにするのが理想です。

エクステエリア

自動車など製品や建築物の外観のことをエクステリアといいます。英語 exteria の発音記号は [ɪkstíriər/ɪkstíəriər] で<イクスティリア、イクスティァリア>または<エクスティァリア>という風になります。ストレス(強勢)は<ティ>に置いて読むと英語らしく聞こえます。

名詞または形容詞として使います。意味は「外側、外部(の)」「屋外(の)」「外観(上の)」です。

exterior of a car
車の外観

exterior design
外観デザイン

発音の参考に:



<注意>
このブログの説明に出てくるカタカナ表記は、あくまで発音の目安です。正しい発音は発音記号に従って、なるべく本来の標準的な英語の音に近づくようにするのが理想です。

才能の「ギフト」

"He gave me a gift. " のように「贈り物」という意味でのギフトは日本語としても常識ですが、 他に「(天から与えられた)才能」という意味もあります。

She has a gift for music.
彼女には音楽の才能があります。

gift は動詞としても使います。 

He is gifted as an athlete.
彼は運動選手としての才能に恵まれている。

そこから派生してgifted が「(生まれつきの)才能のある〜」という意味の形容詞としても使われます。

gifted writer
才能にめぐまれた作家

「post」は「ポスト」じゃなかった

郵便ポストの「ポスト(post)」はおなじみの単語ですが、発音記号は[poust]なので<ポスト>ではなく<ポウスト>になります。

日本では郵便物を投函するための箱を「郵便ポスト」あるいは「ポスト」と呼んでいますが、英語で「ポスト(post)」というと「郵便(名詞)」「郵送・投函する」という意味になります。(主にイギリス英語。アメリカ英語では「郵便」「郵送する」という意味では mail を使います)

「郵便差出箱」は英語では「post box」「mailbox」「collection box」「drop box」と呼ばれます。


形容詞形は postal [póust(ə)l] (ポウスタル/ポウストゥル)です。

postal service  
郵便業務

postal stamp
郵便切手


動詞 post は郵便関係以外でもよく使われます。身近な例をいくつか・・・。


「(掲示、ビラ等を壁などに)貼ること」

I posted a notice a bulletin board.
掲示板に通知を貼り出しました。


インターネットの掲示板やソーシャル・メディア、ブログなどへの投稿も「post」 を使います。

I posted a message on Facebook yesterday.
昨日フェイスブックにメッセージを投稿しました。

How to write a blog post.
ブログ投稿の書き方


「keep+人+posted」で「最新状況(情報)を伝える」

We will keep you posted on all the developments on this story.
このニュースについて進展があれば、その都度お伝えいたします。

ニュース放送などでよく聞く表現ですが、仕事のEメールなどでも使えますね。

s_facebook-2.png


<注意>
このブログの説明に出てくるカタカナ表記は、あくまで発音の目安です。正しい発音は発音記号に従って、なるべく本来の標準的な英語の音に近づくようにするのが理想です。

こんな「タイプ」もいかが?

「type」という単語自体知らない人はいない人はいないと思います。

(共通の特性・特徴を持つ)型、類型の意味の名詞として「タイプ」は完全に日本語の一部になっていますね。

this type of car  
この型の車 

blood type  
血液型

「彼は私の(好きな)タイプじゃないわ」とか「彼は芸術家タイプだ」といった言い方をしますが、英語でもそのまま直訳で通じます。

He is not my type.
He is the artistic type.

type の語源には「打つ/打撃」「打ってできた型」という意味がありますが、日本語の中で使われる「タイプ」はまさにそんな感じですね。

「(キーボードで文字を)打つ」という意味の動詞も派生語です。


type a document
書類をタイプする

type in the e-mail address
Eメールアドレスを打ち込む


ついでにその他の派生語・形容詞と副詞も覚えましょう。

形容詞形は typical [típikl] (ティピクル)。「典型的な、代表的な」という意味です。

typical example
典型的な例

It is so typical of him to do such a thing.
(そんな事をするなんて、いかにも彼らしいね/
 彼にはよくあることだ)


副詞形はtypical + -ly で typically。「典型的に、一般的に」「よくあることだが」という意味。


He is typically Japanese.
彼は典型的に日本人だね

This is so typically me.
これは自分にはよくあることなんだよ。


typically の発音とリズム感は、有名なこんな歌で習うのもよいでしょう。"That is just so typically me." という部分がこの歌の50秒過ぎに出てきます。



ダイレクト(direct)を使いこなす

「ダイレクトに届ける」「ダイレクトな接続」、あるいは、ダイレクトメール、ダイレクト検索と言った用語や、「○○ダイレクト」といって金融機関名のインターネットサービスや保険会社の名称、あるいはインターネット通信販売の名称としてもよく使われますが、発音・用法とも一度整理してみましょう。

<発音>
[daɪrékt] (ダイクト)又は [dərékt(dirékt)](ディクト)

<形容詞として>
おなじみの意味としては「直接の、直行の」日本語での「ダイレクトな」はこちらの使い方。

direct cause
直接の原因

direct sunlight
直射日光

direct flight
直行便

日本語で使われる「ダイレクトに」だと副詞になるので、英語では -ly をつけ 副詞・directly として使います。

I'll send it to you directly.
それをあなたに直接送ります。

Dental health is directly related to other overall health.
歯の健康は、他の健康全般に直接つながります。
例文:The News Gazette より

形容詞を修飾する使い方

directly opposite (正反対の)
directly responsible for (~に直接責任がある)


<動詞として>
direct は動詞としても使われ、「〜に向ける」「導く/指導する」「命令/指示する」「(映画等の)監督をする」などの意味があります。

This message is directed at him.
このメッセージは彼に向けられたものだ。

He directed a movie called "Brothers".
彼は『ブラザーズ』という映画を監督した。


動詞 direct の末尾に -or が付き director となると、「映画テレビなどの制作責任者・監督」「(会社法人の)重役・取締役」等の意味になります。



<注意>
このブログの説明に出てくるカタカナ表記は、あくまで発音の目安です。正しい発音は発音記号に従って、なるべく本来の標準的な英語の音に近づくようにするのが理想です。
プロフィール

Tadster

Author:Tadster
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2プロフ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR