スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外国人訛りから気づく発音の大切さ


どうもネイティブスピーカーの英会話レッスンをみていると、発音の矯正について一種のあきらめがあるように思えます。

普通、明らかな言い間違えや、コミュニケーションに支障を来すような間違いについてはさすがに矯正します。ただ、時間の制約があって、言ってもきりがないと思うと、簡単に「OK」を出して先へ進んでしまいます。

とりわけわれわれ日本人大多数が間違える音、別の言い方をするなら「日本人特有の英語の発音のクセ」に関しては、「まあ、日本人だからしかたないか」という一種のあきらめ感が彼らにあるのだと思えるのです。

see と she の違いや th、f、vの音などがそうです。

英語を母国語とする人の気持ちはわからないかもしれませんが、日本語を話す外国人の例を挙げると、わかりやすいかもしれません。

一例として、韓国人は日本語の「つ」の音と「さじずぜぞ」の発音が苦手です。韓国人には日本語が堪能な方が多いのですが、長く日本に住んでいる人以外は、どうしてもこれらの発音が上手くできないようです。

たとえば、「お疲れ様です」が「おちゅかれさまです」になったり、「全然」が「じぇんじぇん」になったりします。それこそ「発音」が「はちゅおん」になってしまうわけです。

この手の発音の間違いで誤解が起きたりすることはないかもしれません。でも日本語がきちんと聞き取れ理解できる人からすると、ちょっと変な風に聞こえてしまうことは確かです。特に「つ」が「ちゅ」になると、まるで赤ちゃん言葉なので、申し訳ないですけど、格好悪いですね。

これは韓国語に存在しない音だからある種仕方のないことです。逆に日本人が韓国語を話す場合は、きっとおかしな発音をしでかしていることでしょう。

さて話を英語に戻しましょう。

I think を I shink と言ったり、I see.(なるほど)を I she と言っても、日本人に慣れた人なら「あっ、これは日本人の癖だな」と理解してくれるでしょう。特に英会話教室の中では。machine (機械・マシーン)を<マスィーン>と発音しても、時間に余裕がないと、そのまま通り過ぎてしまうことでしょう。

しかし、中には発音が違うと意味ががらりと変わってしまう単語もあります。

see (見る)/ sea (海)と she (彼女)
sheet(紙など「シート」)と seat (席)
sit (座る)とshit (う○こ) 

ほんの一例ですが、これらの間違いでも、日本国内の英会話教室の中では通用してしまうのです。ネイティブスピーカーは半ばあきらめて受け入れてしまっているのです。韓国人の日本語の発音のように。

英会話教室や会社の語学研修の中で通用したからといって、そのままでいいわけではないのですが、発音に問題のある人に限って発音に無関心で問題に気づかないことが多いです。

日本人同士の英語サークルなどに参加している人だと、周りが日本人ばかりなので、なおさら発音の間違いに気づかないでしょう。

大人になってからネイティブスピーカーと同じ発音を身につけるのは困難です。でも英語を第2言語として話すものとして相手に通じる発音を身につけることは誰でもできます。ドイツ人はドイツ語なまりの英語を話して当然ですし、シンガポール人はシンガポール訛りの英語でテレビ放送や国会までやっています。日本人はJapanese accent (日本人訛り)の英語で結構だと思います。

ただ・・・「シットとスィット」の違いのようなカタカナで表せる程度の間違いは根絶しましょう。

このブログが少しでもそのお役に立てれば幸いです。
スポンサーサイト

英会話クラスで気付いた簡単な間違い

energy [énərdʒi]<エナジー>(活力・電力/石油などの資源)を「エネルギー」とそのまま言ってしまう人は論外ですが、 ときどき<エナズィー>と、変な発音をする人に出くわします。発音記号をしっかり確認しましょう。[ʒi]の音は<ジー>です。

ある受講者が趣味の自転車で「ロードレース」という言葉を使いました。カタカナそのままではちょっと英語から離れてしまいます。発音記号で表すと[roud] [reis]ですから、「ロウド・レイス」と言った方が、より英語に近くなります。もし「R」音の発音が苦手でも、母音の音はカタカナでも表示できる程度なので、極力きちんと発音しましょう。

プロフィール

Author:Tadster
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2プロフ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。