スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「SNS」は英語では通じない


横文字(カタカナ英語)が好きな日本人は、英語の頭文字をつなげた略語(頭字語)も大好きですよね。英語ではInitialization とかAcronymとか呼ばれています。

問題はそのローマ字略語が日本でしか通用しないことがあるということです。CIA、OCED、NATOなどの正式名称、あるいはCD、DVDとかならもちろん大丈夫ですが、怪しいものも時々みかけます。


本当は英語の略ではないことが分かっているもの、例えばNHK(日本放送協会のローマ字表記略)のようなものは固有名詞なので問題ありません。KY(空気が読めない)などは論外などで、本当の英語のつもり使う人もいないでしょう。問題は一見本物っぽくみえるものです。。


SNS=ソーシャル・ネットワーク・サイト?

SNSという略語を使うのは、日本人だけです。英語では social network serviceですが、頭文字に略しません。反面、social networking site(website) とかsocial media とか様々な言い方が存在しますので、頭字語のように決めつけにくいからなのでしょう。
外国人と英語で話していて「SNS」と言っても通じませんし、日本に長く住んでいる外国人で日本人からそのことを知らされた人ならわかるかもしれません。

ちなみに social [sóʊʃəl]の発音は<ソーシャル>ではなく、<ソウシャル>です。((太字に強勢)

いろいろ言い方はありますが、英語では通常"Social Media"といいます。
(このビデオを参考に)
スポンサーサイト
プロフィール

Author:Tadster
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2プロフ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。